上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ラジコンみたいにグリグリ動かせる超巨大ゾイド「デススティンガー」と「モルガ」


本日幕張メッセにて行われたキャラホビ2011のコトブキヤブースにて、以前此処でも紹介した千葉工業大学製のゾイド達が登場したとの事です。
モーターを内蔵しラジコンのように操縦出来るというこのデススティンガーとモルガ。
その勇姿が一番上のリンク先の記事にて…………って、動ききめぇぇぇぇぇぇ!!(褒め言葉


モルガの頭部やガトリング、デススティンガーの鋏に荷電粒子砲、そして海サソリモードへの変形等、公式に設定されている稼動部の殆どを再現している辺り、製作された方々の並々ならぬ拘りが見えますね……!
デススティンガーは『アニメ版の』七十二分の一スケールになっている為、実際に発売されているHMMブレードライガーとHMMライトニングサイクスを並べてのアニメ再現も行われておりますし。
あぁ……これは是非とも生で見たかったなぁ……。


スポンサーサイト
2011.08.27 Sat l ZOIDS l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。