FC2ブログ
○動く要塞、新生
DSCN0618.jpg
ティガゴドスと一緒にロールアウトしたクリムゾンホーン。
マーシーラビットさんによるデザインの、RCでは初の新規大型ゾイドです。
他が小型ゾイド中心なので、その迫力も凄い。



追記でレビュー続き。
○オーバーテクノロジーの結晶
DSCN0619.jpg
ガイロス帝国軍内のゼネバス兵達を纏め上げる為、ダークホーンとは異なり深紅に塗装された当機。
深紅、とは言っても実際のキットは少し紫がかっていますが。
レッドホーンの強化機体と言う事で、ティガゴドスと同様にレッドホーン用のパーツも入っています。
背部の要塞装備は取り外してからレッドホーンの武装に変えればいいのですが、頭部は分解して別のに変えなければならないので少し面倒かも。


○六連装加速荷電粒子偏向砲
DSCN0620.jpg
クリムゾンホーン最大の特徴である、頭部の筒状のパーツ。
これはどうやら可動式の荷電粒子砲である様子。
流石に威力はデスザウラーなどと比べるべくもないでしょうが、それでも六本あれば総合火力は十分。
もう一つの特徴的な装備である、背部の格闘用アームは可動範囲、保持力共にかなりのもの。
敵を掴んでから傍らのリニアキャノンで零距離射撃、なんて戦うんでしょうね。


○ザ・ロスト・クロニクル
DSCN0622.jpg
DSCN0623.jpg
箱の裏面には、クリムゾンホーンをデザインとしたマーシーラビット氏と、エクスグランチュラをデザインしたDELTA-M氏のデザイン画が掲載されています。
それにしても、掲載されている両機のパイロットがどちらも女性なのは……やっぱお二人の趣味なんですかね?(笑


スポンサーサイト




2009.02.01 Sun l ZOIDS l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hamyun.blog50.fc2.com/tb.php/238-72d13903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)