FC2ブログ
国家錬金術師VS傷の男な第五話
因みにアスラクラインの方は、実家だと見れなかったのでまた後日。


ショウ・タッカーとの一件の後日、エルリック兄弟は彼とその娘でキメラにされたニーナの処遇を訊く為、東方司令部を訪れる。
しかしそこで、タッカー親子が何者かに殺害されてた事を知った。
余りな現実に打ちひしがれる兄弟の前に、その殺人犯――通称傷の男が襲撃を掛ける。
エルリック兄弟は何とか傷の男を退けようと反撃に移るが、傷の男は圧倒的な実力を持って兄弟を一蹴する。
そしてエドが止めを刺されようとしたその時、間一髪マスタング大佐率いる部隊が到着し兄弟は事無きを得るのであった。


原作でも全編通して最強クラスの戦闘力を誇る傷の男が対に本格参戦。
シン国式練丹術によるお父様の錬金術封じの無効化に、軍隊格闘のエキスパートであるグラン准将やアームストロング少佐と互角以上の近接格闘能力……改めて考えると本当に強いなこの人は(笑
エルリック兄弟も最初から強いんだけど、やっぱ傷の男は規格外って感じですね。
ホムンクルス組でもラースやプライド辺りじゃないと対抗出来ないんじゃ……(実際エンヴィーやグラトニーじゃあ相手にならないみたいだし)


次回はウィンリイ&マルコー登場。
幕間的な話なので一気にやるみたいですねぇ(笑


スポンサーサイト



2009.05.03 Sun l レビュー l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hamyun.blog50.fc2.com/tb.php/333-75b18509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)