FC2ブログ
以前行った時は途中でデジカメの充電を切らせてしまうという失態をしたので、今度こそとリベンジに行って参りました。
ついでに、一緒に行った友人が見たいと言ったルーブル美術館展と阿修羅展も。
DSCN0806.jpg
入場料だけで四千五百円……高い。



追記でレビュー続き。
今回前回借りなかった、音声解説も付けて準備万端!
DSCN0708.jpgDSCN0712.jpg
DSCN0719.jpgDSCN0726.jpg
東部の鶏冠が特徴的な南極産のクリオロフォサウルス(左上)、頭骨の歯列が左右一直線に並んでユニークなニジェールサウルス(右上)。
ジュラシックパーク3で一躍有名になったスピノサウルスの近縁種であるアンガトラマ(左下)。
そしてゾイダーにはお馴染みのメガラプトル(右下)と、しょっぱなから俺のテンションが有頂天!
前一回来てるのにね(笑
メガラプトルはゾイドのに比べて頭が大きい点を除けば、概ねイメージ通りでしたね。


そして今回の目玉であるマプサウルスの親子!
DSCN0733.jpg
目玉なので画像も大きめです(笑
マプサウルスはギガノトサウルス等と共に、白亜紀後期の南米大陸を支配していた超大型獣脚類の一種で、その大きさはT-REXと同等かそれ以上の最大十三メートル!
この種は頭部の骨が非常に大きい為、実際の大きさ以上に巨大に見えます。
いやはや、今回リベンジに来て正解。
こいつを写真に収められなかったら、一生後悔する所でしたよ(笑


マプサウルスを過ぎても恐竜のターンは終了しません。
DSCN0747.jpgDSCN0758.jpg
DSCN0751.jpgDSCN0774.jpg
マシャカリサウルス(左上)、アウカサウルス(右上)、ゾイダーには御馴染みその二ウネンラギア(左下)、ラージャンラジャサウルス(右下)等々……大型小型問わず多数の恐竜の化石が展示されておりました!
公開は後一ヶ月ほどあるので、他の化石等は是非とも実際に見てくださいまし……(笑


最後に常設展示から我が嫁。
DSCN0798.jpg
ぶれまくってた……orz
あー、一回で良いから〝スー〟の実物みたいぜよー。


スポンサーサイト




2009.05.16 Sat l レビュー l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hamyun.blog50.fc2.com/tb.php/346-c3739da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)