FC2ブログ
毎年夏のお楽しみ!
恐竜博2009に本日夢茶と共に行ってまいりました。
去年は諸々の事情で行けなかっただけに、すんごくwktkしちゃいましたよ(笑



追記にてレビュー続き。
出来れば見たとこ全て紹介したいのですが、気づけば撮った写真が百枚を超えておりました(笑
なのでいくつか私がピックアップして紹介をば。


DSCN0853.jpg
上の写真が、現在発見されている中で最大の羽毛恐竜〝ギガントラプトル〟です。
羽毛恐竜とはその名の通り、身体に鳥のような毛を生やした恐竜の事。
最近の学説ではあのT-REXこの羽毛恐竜だったと言われております(但し、羽毛が生えていたのは子供の頃だけの様子)。
基本的に今まで発見されていた羽毛恐竜は比較的小型(下のちっちゃいのが同じく羽毛恐竜のオヴィラプトル)なのが多く、これほどの巨体を持つ羽毛恐竜の発見は学者達を驚愕させたとか。


Untitled-1.jpg
今回の目玉の一つである、全長35メートルを超える史上最大級の陸上生物〝マメンキサウルス〟。
とてもではありませんが、写真一枚にその全身を捉える事など出来ず、分割して撮ったのを簡単に繋げてみました(笑
何も考えずに適当に写真を撮っていたので、明らかにくっつけ方が下手なのをご容赦を(お
……それにしてもでかい、本当にでかい。
右側にいるのがジュラ紀を代表する肉食恐竜アロサウルスなのですが、それがまるで小型の恐竜に見えてしまいます。
因みにこのマメンキサウルス、抽選で当たった人は専用スペースで記念写真を撮ってもらえるのですが……私は見事に当たり、撮ってもらえました(笑
でもスタッフさん……私と夢茶もいるんだから、写真は二枚欲しかったなー。


DSCN0914.jpg
目玉その二。
史上最大級の肉食恐竜ダークスパイナー〝スピノサウルス〟。
ジュラシックパーク3にて主役恐竜として出演し、T-REXを倒してしまうなど(但し実際に殺りあったらT-REXの圧勝らしい)でかくて強そうな人。
しかしそれは見かけだけで、実際は魚類を中心に食べていたそうな。
元々スピノサウルスの化石は百年近く前に発見されていたが、戦時中の空襲によって灰と化してしまいました。
それを今回、当時の記録や近縁種のデータを元に2006年からの三年がかりで復元したのが上のスピノサウルスです。
体長17メートル、T-REXやギガノトサウルスをも圧倒する巨体と、背中の大きな帆が特徴的です。
ジャミングウェーブ!


DSCN0929.jpg
目玉その三(多いなおい
最古のティランノサウルス類〝グアンロン〟。
先のギガントラプトルと同様、羽毛恐竜なので身体に羽毛が生えていたみたいです。
頭の鶏冠とか見ると、何となくHM3のバギィを思い出すのは気の所為かしら?


DSCN0937.jpg
言うまでもない私の嫁、T-REXの頭部骨格。
全部で七体展示されており、うち四体にはそれぞれ〝ブラック・ビューティー〟、〝スタン〟、〝バッキー〟、〝ダフィー〟という愛称が付いています。
スーもいれば良かったのに。
因みにバッキーは二年前の恐竜博のヒロインでした(笑


DSCN0946.jpg
目玉その四、T-REXの〝ジェーン〟さんです。
正確にはこのジェーンさん、T-REXの亜成体なのかそれとも近縁種のナノティランヌスなのか意見が分かれているそう。
それは兎も角、長ーい脚がとってもセクシー(笑


DSCN0954.jpg
そして今回の最大の目玉、ミイラ化石の〝ダコタ〟さん。
種類的にはエドモントサウルスという、MHで言うところのアプトノスみたいな恐竜です。
ミイラ化石、というだけあって骨格がミイラ化しているそうなのですが……正直、素人の私にはよく解りません(お


交通費が往復で約1700円、入場料が2500円と夏コミ控えたこの時期になかなか痛い出費でしたが、非常に充実した時間を過ごせました。
いやー、やはり恐竜は良いです永遠の浪漫です。
また来年も行きたいですねぇ(笑
あ、出口前の売店にはカプコンとのコラボ企画として、等身大ラギアクルス頭骨が展示されてました。
MH好きも是非とも見に行ってみるが良し、ですよ!


スポンサーサイト




2009.08.04 Tue l レビュー l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hamyun.blog50.fc2.com/tb.php/428-7bf657d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)