FC2ブログ
DSCN1014.jpg
今日は久しぶりにゾイドを制作しました。
今まで物は持っていたんですが、何故か作らずに積んでいたんですよね(笑
そんな訳で今日は、ゾイドグラフィックスよりマルダーです。



追記にてレビュー続き。
DSCN1016.jpg
中央大陸戦争初期に、ゼネバス帝国によって後方支援を主に運用された重武装小型ゾイド。
小型ながらその身体の大部分を覆う殻はかなりの強度を誇り、その運用法と相まって戦場でも高い生存率を記録しています。


DSCN1019.jpg
カタツムリというモチーフのイメージをまったく壊さず、それでいて兵器としての重量感を表現している所は流石。
しかもこのサイズでギミックも中々豊富と、現在でも高い人気を持つのも頷けますね。
私は実物のカタツムリは全然駄目ですが、この子は可愛いから好きです(笑


余談ですが、個人的に驚いたのはこれについてきた冊子のある記述。
曰く『ゾイド人は野生ゾイドを捕獲、捕食していた』というのです。
……ゾイドって喰えるんですねェ(笑


スポンサーサイト




2010.05.01 Sat l ZOIDS l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hamyun.blog50.fc2.com/tb.php/656-30ce0091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)