FC2ブログ
本日の土曜プレミアムは劇場版ワンピース第九作目のエピソードオブチョッパーでした。
ファンから評価の高い原作のドラム王国編をオリジナル要素をプラスして映画化した本作。
当時私は劇場では見てないので、今回が初の視聴です。


前作エピソードオブアラバスタが、原作ではかなりの長編であったものの映画という尺の都合上かなり端折られていた事もあって、当時から懸念していたのですが……アラバスタ王国編に比べれば元々短かった為か、然程は気になりませんでしたね。
明らかに話の繋がりがおかしい所は、恐らくテレビ放映の為にカットされた部分でしょうし。
……まぁ、元々の原作の方もしっかりとは覚えてないんですけど(


オリジナル要素に関しては以下の通り。

1.原作では当時いなかったロビンとフランキーが既に加入しており船もサウザンドサニー号に(変わりにビビがいない
2.オリジナルの敵としてワポルの兄ムッシュールが登場

このムッシュールが中々に良い味出してましたね。
事ある毎にワポルに自分の事を『おにいたま』と呼ばせようとする面白いキャラであると同時に、いざ戦闘ともなれば一度はルフィを圧倒するほどの実力。
このルフィVSムッシュール戦が中々にクオリティが高くて面白かったですね。


しかし相変わらず、チョッパー、ドクターヒルルク、ドクターくれは等ドラム王国編は良いキャラが多かったです。
うむ、久し振りに原作の方のドラム王国編も読みたくなってきたぞ!


スポンサーサイト



2011.03.19 Sat l レビュー l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hamyun.blog50.fc2.com/tb.php/862-7ecf7ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)